フライパン選びのポイント – 鉄?コーティング?おすすめポイントと向く人/向かない人

フライパン選び その他

今回の記事では、私の体験に基づいてフライパンの選び方についてまとめたいと思います。
男性、料理は嫌いではないが掃除は苦手、後片付けも苦手、という立場からの感想です。

鉄のフライパン

よく知られている製品はこちらのリバーライトの「極」(きわめ)ですね。私も持っていたことがあります。

他には、こういういかにもプロっぽいものもあります。

鉄のフライパンのメリット

耐久性が高いため長く使える(一生使えるかも)

鉄のフライパンのいちばんの魅力は耐久性が高いところです。見た目からして武骨で鉄むきだしで頼もしいです。手入れを怠ってサビさせてもサビを削り落として焼きを入れなおせば復活します。

飲食店でプロの方が1日に何十回も使うなら話は別ですが、一人や二人とかの一般家庭で使っている程度の使用頻度であればまったく壊れる気がしません。一生使えるといっても過言ではないかもしれません。

ただ柄の耐久性は製品によりマチマチなようです。柄がついていないまさにプロが使っているものを選んでみるというのも面白そうですね。

遠慮なくガンガン加熱できる

ステーキやハンバーグなどの焼き物料理の際も、煙が出るまで空焼きしてからお肉投入!とった使い方が遠慮なくできます。表面加工フライパンだと空焼きすると表面加工がダメージを受けるものが多いのでなかなかこうはいきませんので、これは鉄のフライパンの強みですね。

蓄熱性が高いので加熱が安定する

厚みにもよりますが、鉄は同じ厚さのアルミ(表面加工フライパンでよく使われている素材)よりも蓄熱性が高く、一度加熱されれば温度が下がりにくいという特徴があります。野菜炒めのような料理で食材を投入するタイミングが早すぎてフライパンの温度が下がってしまい、水っぽく仕上がってしまうといったことが少なくなります。

鉄のフライパンのデメリット

油ひかえめのヘルシー調理には向かない

鉄のフライパンは油を使わないとこびりつきますので、油を使わないヘルシー調理には向きません。「使っているうちに油が馴染んできて少ない油でも調理できる」といった表現をたまにみかけますが、実際に鉄のフライパンを使っての感想としては、ちょっとそれは大げさかと思います。基本、油はたっぷり使わないとこびりつきます。

手入れに手間がかかる

鉄のフライパンは使い終わったら、たわしやササラなどを使ってお湯で洗い、その後は空焼きするかしっかり水分をふき取るかして、その後薄く油を塗ってからしまわないとサビます。

キッチンが油でギトギトになりがち

また油の話ですが、鉄のフライパンはまず油を多めに入れてから熱して、熱くなったところで油を全体に回して伸ばすという「油返し」という手順が必要です。余った油はオイルポットに入れて再利用すれば無駄がありません。

これがけっこう油の煙が立ち上るので、コンロの周りは常に油でギトギトしがちです。1回の調理でなかなかのギトつき具合になり、1週間も掃除を怠ったらそれはまあ大変なことに(笑)。

もともと「料理後はキッチンも毎回きれいに掃除するのが当たり前」という方なら全くこうしたことは苦にならないかもしれませんが、私のようなズボラ者にはなかなかこれは大変に感じてしまいますね。

オイルポットが場所を取る

またまた油の話です。そういうわけで鉄のフライパンを使うならオイルポットがほぼ必須になります。オイルポットはけっこう地味に場所を取ります。

重い

鉄のフライパンは基本的に重いです。焼き物料理には鉄板の厚みのあるものを選んだほうが鉄のフライパンのメリットを生かせますが、そうするとより重くなります。自分の腕力やキッチン内での取り回しなどとフライパンの重量とを考慮してから購入しないと「重いから使いたくない」となって使わなくなったり、重いから手入れが面倒でサビさせてしまったりすることもありますので、購入前にきちんと検証したほうがいいです。

油返し、調理、手入れを無理なく行える重量のものを選びましょう。

表面加工フライパン

フッ素樹脂加工、テフロン加工、〇〇コート、いろいろありますがここではひっくるめて表面加工フライパンと呼びます。代表的なメーカーはティファールでしょうか。フッ素樹脂加工の「こびりつかないフライパン」を発明したのはティファールです。

表面加工フライパンのメリット

油を控えたヘルシー調理に向いている

油を使わなくてもこびりつかず調理できますのでダイエット用の料理にも向いています。

軽い

鉄のフライパンに比べると軽い製品が多いです。軽さを売りにした製品も多いですね。

使い勝手がいい(気軽に使える)

鉄のフライパンのように調理前に油返しをする必要もありませんし、使った後の手入れも簡単です。

表面加工フライパンのデメリット

表面加工の強度は製品によってまちまち、ダメなものはすぐ剥がれることも

基本的に、表面加工のフライパンは本体はまだ使える状態でも表面加工が剥がれるので、そこが製品の寿命となります。一生使えるかもしれないというロマンがある鉄のフライパンと比べると、定期的に買い替えを余儀なくされるわけです。
なお表面加工については激安だからと言ってすぐにダメになるとは限らないです。

ちなみに私はここ数年は、1,000円前後の激安の表面加工フライパンを使い倒して定期的に買い替えるのが一番、自分に合っているのでないかと感じています。

加熱しすぎると表面加工にダメージが

ステーキやハンバーグなどの焼き物料理では、煙が出るまでフライパンを熱してからお肉を投入して「ジュワーッ」といきたいですよね。実際にそのほうがおいしく焼けます。しかし表面加工フライパンでこれをやると表面加工がダメージを受けて寿命が短くなる可能性があります。

まとめ – それぞれのフライパンに向くのはこんな人

鉄のフライパンが向いている人

  • 一つの調理器具を長く使いたい人
  • 毎日料理をする人
  • マメでキッチンの掃除も苦にならない人
  • 自宅で美味しいステーキやハンバーグを食べたい人

表面加工フライパンが向いている人

  • 調理器具に特に愛着とか求めない人
  • あまり料理をしない人
  • 掃除や後片付けが苦手な人(私のことです)
  • ステーキやハンバーグは外食でOKな人

おわりに

以上、今回の記事ではフライパンの選び方についてまとめました。
最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました