1300回配達したウーバーイーツ配達員がオススメする、本当に役に立ったアイテム

その他

私は約1年ほどフードデリバリーの仕事をしていました。2021年8月現在、フードデリバリーサービスを展開している企業は最も有名なUber Eats(ウーバーイーツ)を筆頭にmenu(メニュー)、foodpanda(フードパンダ)、出前館などがあります。私も複数の会社でフードデリバリー業務を経験したのですが、その中でも私が最も多くデリバリー業務を行ったのがウーバーイーツです。
今回の記事では、ウーバーイーツで約1300回の配達を行った配達員の立場から、本当に役に立つアイテムを紹介したいと思います。

想定している読者

バイクの配達員向けの情報です

今回の記事で取り上げるアイテムは「バイク(オートバイ)を使用してフードデリバリーの仕事をする場合」に役立つアイテムについて取り上げています。自転車や自動車については考慮していませんのでご容赦ください。
(共通する部分はあるかとは思います)

どうやって充電するか?

フードデリバリーの配達業務にはスマホが必須となることは言うまでもありませんが、「連続で何時間、働けるか」は使っているスマホのバッテリー容量で決まります。

フードデリバリー配達員用アプリはスマホのバッテリーが激減りする

複数のフードデリバリー業者で配達業務を行ってみてわかったことは、どこの会社の配達員用アプリも「凄まじく」バッテリーを消費します。これは通信の頻度が多いからだろうと私は想像します。
バッテリーの容量はスマホの機種によって異なります。バッテリー容量は「○○mAh」で表されますが、公式スペックで4080mAhとなっているGoogle Pixel 5 を実際に配達業務に使ったところ、5時間ほどでバッテリー残量は一桁まで減りました。
そういうわけで、「1日8時間とか10時間とか働きたい!」という場合はどうしても「どうやってスマホのバッテリーに充電するか」問題を解決する必要があるわけです。

選択肢1:モバイルバッテリー

まずはモバイルバッテリーについて説明します。これは、家で充電しておいたモバイルバッテリーを携帯して、スマホのバッテリー残量が減ってきたときにモバイルバッテリーと接続して充電してやるということですね。

安定のAnker(アンカー)

以下は私も使っていたAnkerのEssensial 20000です。モバイルバッテリーに安定性を求めるならやはりAnkerがベストです。これまで何度もAnkerの製品を買ってきましたが、初期不良や、想定よりも速く使えなくなってしまったなどというトラブルが一度もありません。

モバイルバッテリーのメリット

  • 導入が簡単(買う→充電する→携帯する)

モバイルバッテリーのデメリット

  • かさばるし重い(バッテリー容量が増えるほど重く大きくなる)
  • モバイルバッテリーの残量チェックを忘れるといざという時に使えずただの文鎮となる
  • USBケーブルを携帯したりつないだりが面倒(Qi充電対応製品なら解決できる場合もある)

選択肢2:充電できるスマホホルダー

次に紹介するのは、充電できるスマホホルダーをバイクのバッテリーに接続して電源を取り、スマホがホルダーにセットされている間はずっと充電してくれるというものです。
このタイプは、使っているスマホが「Qi充電対応」でなければ使えません


私は最終的にこの「Qi充電できるスマホホルダー」が一番、フードデリバリー配達業務に適していると感じています。
使い始める前には、「ずっとスマホを充電しっぱなしで問題はないの?」という点が気になったのですが、実際に1年ほど使ってみても、特にスマホが熱を持つとか、バッテリーの残量が減ったというトラブルは経験しませんでした。

Qi充電可能スマホホルダーのメリット

  • スマホホルダーにスマホをセットするだけで充電できる

Qi充電可能スマホホルダーのデメリット

  • バイクから電源を取り出す必要があるので知識や工具が必要となる(バイク屋さんに取り付けをお願いする手もある)
  • スマホホルダーを簡単に取り外せなくなる(ホルダーが盗まれることを考慮しなければいけないような環境では使いにくい)

その他のスマホホルダー

Qi充電対応スマホホルダー以外としては、私は以下のタイプを長く使っていました。

X-グリップタイプ

こちらは本家のRAM MOUNTSのXグリップとマウントベースがセットになった商品です。パチモン類似品の違いの吟味に時間をかけたくない&お金に余裕のある方は迷わずこれを買いましょう。

ライト(懐中電灯)

懐中電灯も携帯することをオススメします。「スマホで照らせばいいじゃん」という声が聞こえてきそうですが、以下のような場合にスマホの画面の光量では対応できない場合がありました。

  • 街灯が切れて真っ暗な5階建ての団地が配達先。屋上近くの外壁に棟の番号が書いてあるようだが暗くて見えない。スマホの光量では届かない
  • 街灯がなく本当に真っ暗な、一戸建てが並ぶ住宅街

昼でも真っ暗な配達先

「私は夜は配達しないから大丈夫」という声も聞こえてきそうですが、昼間でも真っ暗という配達先もありました。その配達先は鉄筋でビルのような作りで、あらゆる窓という窓が板で塞がれていて、昼にも関わらず正に真っ暗闇でした。スマホで照らしても充分な視界は得られません。その建物内の内階段を上がって四階まで配達したのですが、もしライトがなかったら階段を踏み外して最悪の場合、骨折などのケガをしてしまう事態もありえると思いました。

私がオススメしたいタイプのライトは、首振りが可能で、かつクリップが備えられているものです。

タイトルとURLをコピーしました