たのしいWASD(ESDF) – ファミコン世代の中年がキーボードとマウスでゲームできるようになるまで #1

たのしいWASD キーボード

PC(パソコン)でゲームをプレイする場合、一般的にはキーボードとマウス、またはゲームパッドが選択肢となります。
この記事は、ゲームパッドパッドでしかPCゲームができなかったファミコン世代の中年が、40歳の手前で一念発起し、キーボード&マウスでゲームができるようになるまでの体験記です。
何度かに分けてシリーズものの記事として書いていきたいと思います。

WASDかEDSFか

キーボードでゲームをプレイする際の基本的な考え方として、一番メジャーなWASDがいいのか、それともESDFがいいのか?については以下の記事で書いています。

WASDとESDFはもちろん違いがあるのですが、この連載では同じものとして扱います。

結論:誰でも練習すればWASDでゲームできるようになる

いきなり結論を書きます。キーボードとマウスでゲームをプレイすることに苦手意識のある方、心配無用です。慣れれば誰でも、まるで生まれたときからそうであったかのように、ゲームパッドと同じように、自分の体の一部であるかのごとくにキーボードとマウスを操れるようになります。

なにか特殊な能力があるわけでもなく、特別な訓練法を積んだわけでもない、ただのおっさんである私にできたのだから、きっと誰にでもできるはずだ、と考えるのは無理な考えではないでしょう。

はじめに

私は家庭用ゲーム機で育ったいわゆるファミコン世代です。
ファミコン→スーパーファミコン(スーファミ)→PCエンジン→メガドライブ→3DO→プレステ(PlayStation)→プレステ2 (PlayStation 2) などを時代の流れとともに遊んできました。

そんな私がパソコンに初めて触れたのは20代の初めでした。最初にタッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得して、普通にパソコンを使うことには難しさは感じなくなりました。
タッチタイピングの練習にはタイピング練習ソフトとして有名だった「特打(とくうち)」シリーズの「北斗の拳」を使いました。

しかしタッチタイピングを習得したものの、ゲームだけはどうしてもキーボードとマウス操作になじむことができませんでした。

「WASDキーで前後左右移動?なんだそれは!そんなことできるわけない!」という感じで投げ出してしまったのです。
その後も、何度となくトライしてみましたが結局続かず投げ出す、ということを繰り返していました。

PCゲームでもパッドを使い続けていた

そんな次第で、私にとってゲームをプレイするにはゲームパッドが欠かせない存在だったのです。

キーボードでゲームできる人は「あこがれの存在」

そんなこんなで、私は40代になりました。YouTubeではゲーム実況というジャンルが確立されていました。一昔前にはゲーム実況と言えば無言かテロップ、またはゆっくり実況が定番でしたが、今では顔や部屋も映してゲーム実況されている配信者のほうが多いのではないかと感じます。

そんな人たちは、当たり前のようにキーボード&マウスでゲームをプレイしていました。そしてあきらめかけていたキーボード&マウスでゲームをプレイしてみたい欲求が再燃してきたのです。

実際のWASD練習と心構え

方向移動さえ身につけばどうにでもなる

私の場合、最後まで難関だと感じたのは上下左右の移動の間隔でした。逆に言えば方向移動の感覚さえ身につけることができれば後はどうにでもなります。そもそも方向移動以外の操作はゲームによって千差万別です。

やり込み済みの自分好みのゲームをプレイする

これは私だけかもしれませんが、すでにやり込んでおり隅々まで理解しているゲームのほうが、不慣れなキーボードによるWASD操作の練習を長く続けることができました。逆に新作ゲームなどの馴染みのないゲームはキーボードでプレイすることがとても辛く、何度もゲームパッドに手を出しかけました。

WASDへの習熟度の変化

一念発起してWASDの練習を重ねた結果、自分の中での習熟度は以下のように変化していきました。

~14日前後左右移動もままならない。ストレスがたまりまくりの状態。だがキーコンフィグを自由に設定できる喜びをモチベーションに、自分もいつかできるようになると信じて練習を続ける。
15日~2カ月前後左右移動に関してはだいぶ慣れるが、まだ考えながらでなければ操作がおぼつかない。
2カ月~4カ月前後左右は「当たり前」の状態に。
半年~すべてが「当たり前」になりゲームパッドと同じレベルになったと感じた。

1日のプレイ時間はきちんと記録していませんが3時間から4時間程度だったと記憶しています。おおむね4ヶ月後には難関だったWASDキーによる前後左右の移動についても全く思考を用いることなく身体が間隔を完全に会得したように感じられました。

おわりに

今回の記事では、ゲームパッドをつかなければゲームをプレイできなかった私が、どのようにしてキーボードを使ったWASDでゲームをプレイできるようになったかについてまとめました。最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました