FILCO Majestouch 2 HAKUA 【静音赤軸】【英語配列】

FILCO Majestouch 2 HAKUA キーボード

文書作成などのPC通常作業とゲームの両方で快適に使えるメカニカルキーボードを探していたところ、FILCOのMajestouch HAKUAがよさげだったので購入しました。3週間ほど使ってのレビューです。

FILCOって?

FILCOはダイヤテック株式会社のブランドです。国産キーボードメーカーでは株式会社アーキサイトのARCHISS(アーキス)も有名ですが、ダイヤテックは1992年からキーボードを販売している老舗です。個人的な印象ですがFILCOのほうがより無駄をそぎ落とした隙のない渋いツールというイメージですね。

FILCO Majestouch 2 HAKUAのスペック

型番FKBN87MPS/EMW2
キー配列英語87
テンキーテンキーレス
同時押し対応Nキーロールオーバー(同時に6キーまで対応)
ケーブル有線
インターフェースUSB/PS2
Cherry MX SILENT(静音タイプ、ピンク軸)
押下圧45g
サイズ幅357×奥行137×高さ37mm
重量980g

かなが印字されていないアルファベットのみの英語配列キーボードが好きなので、私は英語配列モデルを選びましたが、FILCOは日本語配列キーボードもリリースしています。

外観を見ていく

FILCO Majestouch 2 HAKUA

開封。同梱品はシンプルです。

FILCO Majestouch 2 HAKUA

透明なキーボードカバーが付属しています。

FILCO Majestouch 2 HAKUA

軸はCherry MX SILENT(ピンク軸)。

FILCO Majestouch 2 HAKUA

前面にFILCOのロゴ。凹形状の中に埋め込まれるような形状のため、キーボード掃除の際にうっかりウェットティッシュなどの繊維をひっかけて割ってしまったりしにくいようになってるような気がします。
(某社の高級ゲーミングキーボードで経験あり。泣きました…)

FILCO Majestouch 2 HAKUA

USBケーブルは本体に直付けです。

使用感

押下圧

直前にRealforceの30gモデルを使っていたため、最初は重く感じましたが、すぐに慣れました。ゲームで小指を多用した際の長時間プレイ時の疲労を心配していたのですが、特に問題ない重さだと感じます。

タイピング音(静音モデルの実力)

あくまで個人の感覚ですが、Realforceの静音モデルと遜色ないほど静かです。Realforce静音モデルの低音に若干の高音が加えられた感じでしょうか。ゲーム内でBGMのない静かなシーンでのキー入力時の音はまったく気にならないレベルです。

ゲーム以外のPC作業用においても、静まり返ったオフィスの中で違和感なく使用できるレベルだと感じます。

キーの押し心地

軽いタッチでタイピングしたときのタイプ感はRealforce静音モデルに近く「スコスコ」という感じで、いっぽう力強くタイプして底付きさせるように打つと若干のメカニカル感が顔を出すという感じ。

おわりに

今回の記事ではFILCOのMajestouch 2 HAKUA 静穏赤軸モデルをレビューしました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました